TOP > 東村山JC事業案内 > 2003年度事業報告 > 学ぼうJCプログラム2
 2003年度事業報告 
 学ぼうJCプログラム2〜マインドマッピング  指導力委員会
2003年5月14日(水)
(社)東京青年会議所の児玉インストラクターを講師に迎え、JCプログラムの中から「マインドマッピング」を行ないました。

<マインドマッピングとは>
マインド・マッピングとは、右脳を使った効率的なノート記述法です。この手法により、原稿作成などが短時間でできるようになります。各自のレベルでトレーニングを続くけていくことにより、あなたのスピーチ、勉強、ミーティングなどに大きな成果を上げることができるでしょう。
菅原理事長
理事長挨拶

第30代理事長 菅原 恭一君

山本委員長
指導力委員会・山本委員長によるノリノリの主旨説明。

山本委員長をはじめ委員会メンバーがサブ講師を務めました。

児玉 真一郎君
第一回(JCゲーム)に続いて、再び講師を務めていただいた東京JC・児玉 真一郎君
ご多忙のところありがとうございました。

グループワーク
ワークショップ。
テーマは「東村山音頭まつり2003を成功させる」。みんな真剣に取り組みました。
マインドマッピング

中條 基成君
中條基成君(左)と山本正君(右)の発表。
山本 正君
木下 章君
木下章君(左)と紺野琢生君(右)の発表。
紺野 琢生君
金沢 伸也君
金沢伸也君の発表。

小島 広明君
監事講評

監事 小島 広明君

会場:東村山市民センター
↑このページのTOPへ
戻る
Copyright(C) 2003 Higashimurayama JC All Rights Reserved.